関係各位

 明けましておめでとうございます。

 旧年中は大変お世話になりました。
 本年も何卒宜しくお引き立ての程、お願い申し上げます。



年末年始はのんびりしつつ片付けとか読書とか飲食とかしてたので、漫画ネタから。

「妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス)」(藤原ここあ)
ストーリーについては相変わらずとして、絵とキャラ設定が好きで購入し続けている作品ですが。
掃除でダンボールに保管してた書籍を再開封した折に、ふと気づいた事が。
……「うまんが」「ろまんが」(新井理恵)(<大好きな漫画の一つ)とキャラ、かぶってね?
まくまくの立ち位置が誰かはおいておくとしても。

「めしばな刑事タチバナ」(坂戸佐兵衛/旅井とり)
コンビニで3巻を立ち読みした後日、何か読むものをということで1-2巻を購入。
内容を簡単に言ってしまえば、東京ローカルメインのスタンド系チェーン店やインスタントフード等主題のB級グルメマンガなのですが。
「C&Cカレー」とか「名代宇奈とと」とか「10年前位からの牛丼関連」とか「吉野家グループ」とか、内容がクリティカルに刺さり過ぎる。


まぁFBは色々ネタが行き詰ってるというかロスターについてのスランプが長いのもあるのですが。
一つ編制/運用面の話。通常射撃部隊に関して。
テンプレート射撃と比較して、瞬間火力には劣りますが安定性に長けているので、如何に安定して撃つ機会を増やすか、が重要なのだろうと思うのですが。

「運用上、最前線で撃つものじゃないなー」と改めて思った次第で。

そう考えると、リードベルチャーやWoC混成でのファイアグレイヴの使い易さには得心がいくのですが。
反面、以前は最前面配置部隊にしてたゴブ/ナイトゴブ射撃部隊は、再考が必要かなと。ナイトゴブの場合はフェナティック考えると最前面で良いでしょうけど。
Skaは通常射撃と言っても、ガッターとスレイヴだと特殊過ぎるので割愛。まぁガッターは、理想的には「最前線」じゃ無いし(突撃されないポジションと言う意味で)。


1/14以降のお題は半ば決まっておりますが、1/3のHCキャンペーンの参戦アーミーについてもちょっと考え事が。
今回の企画は、同陣営対戦はキャンペーンの趣旨上、むしろ害かなと。
で、比較的対戦機会の多い、あっきいさんは破滅の陣営側のアーミーしか持っていないので。
そこ含めて、ちょいHEに戻りたい気もしているのですが、まぁVC考えるとそんな余裕(主にペイント)も無く、素直にOKにしとこうかと。
取り急ぎ、OK3000ptのミニチュアの確認からかなぁ……
[PR]
by izumiyajunk | 2012-01-02 06:59 | 漫画
水曜は昼前起床>約束通り秋葉YSで寿司提督さんと合流>茶して解散。
深夜1部隊塗り終える。
ちなみに(悩みつつも、半ば意地で)アルファレギオン塗り。
めどい。

木曜昼過ぎ起床>塗ったり組んだり仮でティラロスター組んだりeraIm@sPやったり。
低コストの高速部隊を考えて、バイク*3にするかラプター*5にするか考えながらバイク弄ったり。
この人数なら生存性でバイカーだとは思うのだが、戦闘力が未知数な分、不安が…

夕方に出かけて本屋&ホルモン焼肉。
ノドコリコリタン先が無くなってた…特にノドの食感と旨味の濃い味が好きだったので一寸ショック。


ここ1週間の購入書籍

うちのファンタジー世界の考察+(プラス)
ちいちゃんのおしながき1・3・4・5
破天荒遊戯12
Moonlight Mile20
青空にとおく酒浸り2
ミスマルカ興国物語7
モンスターハンター閃光の狩人2

あとケイオスターミネータロードのキット買ったり、大枚払って中古の古い同人カードゲーム「M^3」買ったり。

土曜はRQか…
神保町行く予定でしたが、RQは20年来の対ヒーロー戦なんですよぉ…!!!

そうこう言いつつ虎の子のメタルデモネット弄ったりロスター確認したりルール確認したり。
ウォーカーってクルージングできないんですね…
あとウォーカーは全力移動した後にスモークディスチャージャー使えました(p72)。あっきいさんすみません。
同様にp72、「白兵戦に入っているウォーカー」に対しては射撃できない
・・・これって、「ウォーカーとの白兵戦は継続する」って事ですかね…(p63ビークルとの白兵戦と相違)
[PR]
by izumiyajunk | 2010-06-03 19:51 | WH40K
昼に起きて冷静になってみると。

火曜日:eraTRPGでアンゼロット様落としたり大ニース落としてレイリア小ニースつくったり
水曜日:eraIm@sP落としてノーマルモード開始し詰まる
木曜日:業を煮やしてシステム概要理解のためにもエクストラモードでやりなおす
金曜日:机の片づけを始めようとして重要な問題に気付く←今ココ



最後にメシ喰ったのは、火曜の23時のコンビニ弁当*2だな。

どうりで足元がふらつく訳だ。

13時になったらメシ喰いに出よう…

というわけでCoCo壱でポークカレー500g4辛。
他にも色々選択肢はありましたが、内臓が動くか分からなかったので適正な刺激物として。
しかし失敗したのが、「普段の空腹時適量」を頼んでしまった事。
胃が明らかに縮小してる時では正直持て余しました。

その後今週初めて本屋を覗く。
リアルバウトハイスクール18(雑賀礼史、富士見書房、¥714)
これはゾンビですか?5(木村心一、同、¥609)
魔法先生ネギま!30(赤松健、講談社、¥440)
ヒストリエ6(岩明均、同、¥570)
GIANT KILLING15(ツジトモ、同、¥570)
PEACE MAKER5(皆川亮二、集英社、¥630)
ヨルムンガンド8(高橋慶太郎、小学館、¥560)
兎12(伊藤誠、竹書房、¥680)
ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日7(戸田泰成、秋田書店、¥580)
ヘタリア3(日丸屋秀和、幻冬舎、¥1050)
いいんちょ。3(秋風春雲、ワニブックス、¥945)

貰ったドリンク無料券使って隣の茶店で休憩しながら何冊か読破し休憩。
その後帰って再度eraIm@sPプレイ。

机の片付け?今(26日4時30分)やってますが何か。
[PR]
起きて戦国大名のシナリオに関するメールを確認後、ルールを確認しつつ返信。
その後、おおのさんに連絡。

で、昨晩からのスロッグ塗装の続き。
一次塗りを終え、ウォッシュしてる処でおおのさん来宅。
しかし地味目に塗ろうとしていたのが、本当に地味になってしまい、今後の方向を思考中…

悩みつつもそのままMHP2G、匠珠作りのために鎌蟹の尖爪集めに協力してもらったり、G級グラビ行ったり。

夕方も過ぎ、本屋冷やかした後、おおのさんと別れさくら水産で夕食。

本日購入
ブロッケンブラッド5(塩野干支郎次、少年画報社、¥580)
そんな二人のMyホーム3(樹るう、双葉社、¥650)

前者は相変わらず下らな過ぎる話に笑ったものの、絵が荒れてるのが一寸気になりました。
後者は予想外の急速展開に今後も期待。

と酩酊した頭で勢い余って、スロッグを緑でウォッシュしたら、とんでもない事に。
あきらめつつ眠る。
[PR]
by izumiyajunk | 2010-05-12 22:39 | MHP2G
eraWizやりながら、吹きたかったので黒サフを吹きました。
結局スロッグ以外のケイオストロス純正モデルは触手付けず。

グダグダしてたら夕前になったので、肉が喰いたかったので浜松町に出ました。

まずは浜松町の大型書店で弾の購入。
お嬢様と妖怪執事(藤原ここあ、SQUARE ENIX、¥420)
BTOOM!1-3(井上淳哉、新潮社、¥539、¥539、¥539)

前者は先月一番ツボった漫画、妖狐×僕SS1-2(作者出版社同)の元となった短編集、なのですが・・・昔(私の狼さん。)から(その業の深さに)注目していた作者さんなのですが、話創りのクセ故に一時(ぶっちゃけdear3巻以降)敬遠してた過去があるのですが。
妖狐×僕SSでは業の深さ>話創りのクセなのですが、お嬢様と妖怪執事では業の深さ<話創りのクセに感じて、俺的には外れ。
BTOOM!は田町の本屋で話題作として平台常駐されていた時に、気に掛かりながらも購入を控えていた作品ですが、3巻の表紙背表紙帯がエロかったので思わず購入。
で、感想は「普通じゃん」以上。まぁ今後に期待かも。

そんなんで購入後、本日のメインイベント本屋の近くの焼肉屋へ。
浜松町は近隣3街(田町浜松町麻布十番、地元はまた別)の中では、一番コストパフォーマンスに劣った飯の喰いにくい街という印象だったのですが、最近この店を知って俺的評価が俄然上がりました。
浜松町はイベントの帰りに皆で立ち寄っていた、以前から贔屓にしていた焼肉屋があるのですが、今は一人で行くのは専らそこばっかりです。
店の特徴は一言「臓物が安くて旨い」。
何せホルモン、ガツ、ハツ、タン先、ノド、コリコリの臓物6種に関しては189円(税込)

1.良い正肉は家庭でも入手できる
2.良い正肉は家庭でも調理できる
3.故に正肉なら家庭で食べた方がコストパフォーマンスに優れ、
 逆に外食するなら臓物の方がコストパフォーマンスに優る
と考える前に、そもそも臓物が大好きな俺ですが、ここの値段と質は都内としてはかなり優秀だと思ってます。
というわけで購入した漫画を読みながら、上記肉+突出のメンマ+生中4杯(平日19時迄のHappyHourで¥189*4)で計¥2,184。

帰りに煙草が尽きかけてたので途中の煙草屋で補給したところ、応対に出たのが咥えパイプが格好良い爺さん(今思えば咥えパイプで接客はどうかと言う疑問も無くは無いが、多分店主であろう煙草屋の接客としてはアリだと思う)で、あまりの格好良さと先日おおのさん源さんがいらっしゃった折の葉巻煙管パイプ談義が思い起こされて、反射的にパイプ指南を仰いだ所、ペラ一のパンフを渡す爺さん。
あまりのストイックさに痺れて、つい葉まで購入して帰宅。
で今そのマニュアルに基づいて喫煙中。
[PR]
by izumiyajunk | 2010-05-11 19:59 | 漫画