カテゴリ:WH40K抄訳( 1 )

抄訳ですが、自分がスマホで参照して、対戦相手に説明するためにアップします。

コデックス:スペースマリーンの記述に、以下を追加。アイアンハンドの戦団戦術しか選択できない。
(訳補:バイクをトループにするオプションは残る)

編制:ローカーン氏族中隊のデタッチメントについて
1.ドレッドノート、ヴェネラブルドレッドノート、アイアンクラッドドレッドノートをエリートとしてでも、ヘヴィサポートとしてでも選択できる。デプロイ時に説明しておくこと。
(訳補:コデックスマリーンと比較して、マスターオブフォージが居なくても枠の選択が可能)
2.HQ枠のユニット1個につき(他のテックマリーン、サーヴァイター、コマンドスカッド、オナーガードを除く)2体まで、マスターオブフォージの場合は3体までのテックマリーンを迎えられる。
(訳補:コデックスマリーンと比較して、入れることのできる人数が多い)
3.キャラクターはコデックス:スペースマリーンの「戦団の至宝」を選択できない。代わりに下記の「ゴルゴンの賜物(Gifts of The Gorgon)」を選択できる。
4.ウォーロード能力を決定する際に、40Kルールブックの表か、または以下の表で決定する。
(1)機械神の従者:ウォーロードは「機械神の祝福」を得る。元々持っている場合は失敗した修理を振り直せる。
(2)鉄の意志:ウォーロードは「恐れるものなし」を得る。
(3)肉体は脆弱なり:ウォーロードの「痛みを知らぬもの」のダイスロールに+1。
(4)歴史を学びしもの:ウォーロード及び合流先のローカーン氏族のユニットは、戦意テストを自動的に失敗することを選択できる。
(5)慈悲なき執行:ウォーロード及び12"以内のローカーン氏族のユニットは、「征戦士」を得る。
(6)目標捕捉:ウォーロード及び合流先のローカーン氏族のユニットは、射撃フェイズ中のヒットロールの1を振り直す。

「ゴルゴンの賜物(Gifts of The Gorgon)」

肝練の杖(The Mindforge Stave)
ライブラリアンのみ所持可能、フォースウェポンと差し替える。
射程- 攻x2 貫通2 白兵、方向感覚喪失、フォース、大型武器
(訳補:フォースハンマー。スペシャリストはついてないのでピストルと二刀流が可能、やるかどうかは別にして。)

メデューサの斧(The Axe of Medusa)
射程- 攻+2 貫通2 白兵、マスタークラフト、必殺の一打、大型武器
「必殺の一打(Serving Strike)」:ヒット時に6が出た分は攻+2でなく攻+4になる。
(訳補:コデックス記載の<鋼鉄の父>カードン・ストロノス愛用の逸品。勿論スペシャリストはついてない。)

鉄の石(The Ironstone)
所有者の6"以内に居る、自軍(friendly)ローカーン氏族のタンク及びウォーカーは、「死なざるもの」を4+で成功する。またロール時に6が出た場合、以前に受けていた「搭載武器大破」もしくは「移動不能」(コントロールプレイヤーが選択)を回復できる。
(訳補:タウのエセリアルの「踊り」同様、輸送車両に載ってる場合の効果は不明。あとフライヤーやスキマーやドロップポッドは対象外。)

裏切者殺し(Betrayer's Bane)
ボルトガン銃身 射程24" 攻4 貫通5 ラピッドファイア、マスタークラフト
メルタガン銃身 射程12" 攻8 貫通1 アサルト1、マスタークラフト、メルタ
(訳補:「1発限り」でないマスタークラフトコンビメルタ。身も蓋もない。)

ゴルゴンの鎖(The Gorgon's Chain)
所有者は現在受けているダメージに応じて以下の効果を得る。ダメージを受けたり「死なざるもの」に成功したりして、受けているダメージの増減があった場合、直ちに効果は変更される。
現在受けている傷/効果
0/スペシャルセーブ3+、「痛みを知らぬもの」のダイスロールに+1、「永遠の戦士」
1/スペシャルセーブ3+、「永遠の戦士」
2/スペシャルセーブ3+
3/スペシャルセーブ4+
(訳補:ローカーン氏族版「永劫不滅の盾」。アポシカリー合流+これ+ウォーロード能力で(3)肉体は脆弱なりを振ると、痛みを知らぬもの3+が爆誕する夢のアイテム。勿論ストームシールドでは無いので、一応二刀流の余地もある。)

鍛造の兜(The Tempered Helm)
戦意テスト時、所有者の24"以内に居る自軍(friendly)ユニットは、所有者の「士気」の値を使用できる。
加えて、射撃フェイズの開始時に、所有者の12"以内の自軍(friendly)ユニット1つを指定する。指定されたユニットは、その射撃フェイズの間、ヒットロールの出目1を振り直す。
上記2つの効果は、所有者がビークルや建物に搭乗していても効果を発揮する。
(訳補:効果自体は近似のものが他コデックスにもありますし、効果自体は若干弱めに感じますが。
凄いのは2つの効果を持っていることと、効果範囲が異常に広いこと、加えて対象がローカーン氏族に限定されておらずFriendly Units全般である事でしょうか。アストラミリタルム同盟との相性が抜群だと思います。)

※抄訳につき、正確なルールの確認およびポイントについては、「Clan Raukaan」を購入し、ご自身で確認頂くようお願い申し上げます。

[PR]
by izumiyajunk | 2014-09-08 18:32 | WH40K抄訳