ケイオススペースマリーンユニット評価(未熟者版)

おかしい……
今日の対戦に備えて塗りつもりがこんなものを書いていた……
まぁ数日かけて書いてたんですけど。

06金:タムさんと平日ハンマー3000pt
07土:何か入る予定
08日:練馬?
11水:水竜さん暇
12木:同上
13金:同上

以下CSM評価素案。
評価ポイントは「使い方が分かりやすい/使い易い/失敗し辛い/潰しが利く」を考慮してます。
私自身は、余裕の無い低ポイント域ではB+以上のユニットで編制してます。
あと私は過去IG*1Eld*1だけで他全部パワーアーマー戦ですので、その偏りが排除しきれてませんw

【トループ】
ノイズマリーン(評価A)
攻防遠近どれでもそこそこ以上に戦える上に、カルトマリーン(恐れを知らぬもの)の中では最も安い。
マリーン殺しマリーン、対マリーン向けなら評価Sつけても良い程、敏5+Dサイレンが鬼。
中遠距離支援運用でのブラストMやソニックBは、少々お高いがコスト相応の働きは十分期待できる。
Dサイレンは必須、低ポイント域でのブラストMは無理をする価値が無くはない。流石にソニックBは高ポイント域向きか。
マリーン以外には比較的普通なのが難、あくまで「比較的」だが。
(本気で運用するかは別にして)5体でもDサイレン+ブラストMは入れられるのは優秀。

プレーグマリーン(評価A)
耐4(5)+痛みを知らぬもの+ブライトグレネードが滅法凶悪な防御向け部隊。
そうは言ってもプラズマ兵器への脆弱性は他と変わらないのと、コストと敏3が一寸難。
あとスペシャルウェポンの選択肢がプラズマG*2なのは欠点だが最低5体でもプラズマ*2なのは一応長所、加熱にも痛み~利くし。

ケイオススペースマリーン(評価B+)
安くてスペシャル&ヘヴィウェポンの選択肢が豊富な上、スカッドアイコンで性格が変えられるのも良い。
アイコンはコスト含めS(殲滅行動時の優位が半端無い)>K=N>UD>Tと推測。

コーンバーサーカー(評価B)
アサルトできれば滅法強い。アサルト出来なかった場合がとても難だが。
というわけで最低でもライノ必須、できればヘヴィ枠消費してでもランドレイダーに乗りたい。

サウザンドサンズ(評価B)
インフェルノボルト弾とスペシャルセーブ4+が極めて強力。
反面、素では対車両能力皆無なのと白兵戦は微妙(マリーンよりは強いと思う)のが重大な欠点。

【ヘヴィ】
オブリタレイターカルト(評価A)
武器セット。縦深攻撃メルタ担当。仕事終わったら適当にラスかプラズマ。
メルタ担当なのはTLメルタGの信頼性と、生存性の低さ故に可及的速やかにコストの元を取る必要から。勿論(特に相手に車両が無ければ)接近し過ぎないように動くという選択肢もあるのだが、部隊連携考えると前線~中盤の方が仕事(=コストの元を取る)は出来る。
という訳で個人的に使う頻度はTLメルタG>Mメルタ>ラスC>プラズマC>TLプラズマG>TLフレイマー
個人的呼称は「ウェポンチーム(@スケイヴン)」

ディファイラー(評価A)
コストもサイズも主砲も超ド級(文字通りの意味で)
でも装甲は普通。
所詮ドレッドノートなので、相手見て接近戦を仕掛けるのが有効。
装備は全部追加クローズコンバットウェポンで十分だと思うが、パーツの関係でヘヴィフレイマー装備は悪くないと思う。
冷静に考えて、バトルC+Hフレイマー+回4+強行軍+憑依ドレッドノートが150ptって、あのサイズと装甲でなければチート扱いだと思う。

ランドレイダー(評価B)
「ヘヴィ枠で入れる分には」の評価。コーンバーサーカーやポゼッスドで安定してアサルトを仕掛けるための最高の手段。
白兵戦の得意なCSMでは多くの場合兵員輸送が主任務なので、TLラスキャノン*2やTLHボルターはnidやIG以外にはおまけだと思ってる。
兵員輸送メインで考えれば、ディーモン憑依は鉄板、折角のTLだし。

ハボック(評価B)
一番評価できるのは、ライノに乗れて、スカッドアイコン持てて、チャンピオンがきちんとスペシャルクローズコンバットウェポン装備できて、プラズマGやフレイマーやメルタGを4本装備できる事……それの何処がハボック(重砲部隊)だ、というツッコミはおいといて。
というかヘヴィウェポン並べるのなら、正直オブの方が使い勝手が良いので。
対タミネ等プラズマ集中装備を検討する時の、第2の選択肢。

ケイオスヴィンディケイター(評価B)
デモリッシャーキャノンの有用性は代替が利かないので評価高め。
射程の短さは憑依でしのぎ、キャノンの効果は「従属の鞭打」で補うと、夢が広がる。

ケイオスプレデター(評価B-)
ラスキャノンは代替が利くので評価低め。普通に優秀だが、オブ~ハボック程ではない。
というかアウトレンジラスキャノンの必要性が、強襲+メルタが戦闘教条に合致するCSMには薄い上に、アウトレンジに専念したとしても少々ラスキャノンの本数が減ってもオブリタレイター*2の方が汎用性が高いのが難かと。

【ファスト】
ラプター(評価B+)
ターミネーターとチョーズン除いて、チャンピオンがライトニングクロウ二刀流できる唯一のユニット。
自前で高機動を確保でき、最大20人入り、スペシャルウェポンを「追加で」2つ持て、スカッドアイコンを持て、コストがそこそこ。かなり優秀。

ケイオスバイカー(評価B-)
ナーグルアイコン持つとアホのように強いが、コストがそれ以上にアホ。
スペシャルウェポンを選択すると格闘力が弱くなる。
ターボブーストの性格上、弱い訳は無いのだが、回傷当りのコスト勘案すると使い辛い。
というかCSMは(ウルトラマリーンと比較し)強襲部隊の数も質も桁違いに優秀だから、わざわざバイクにする必要が……。
但し、3000pt等で10体近くで編制すれば、多分強い。

【エリート】
ケイオスターミネーター(評価A)
文句無いどころかぶっちぎりのエリート部隊。
全員コンビウェポン持てるのと全員スペシャルクローズコンバットウェポン装備できるとのスカッドアイコン付けられるのと最低3体からなのとチャンピオン人数制限無いのが超偉い。
初期装備(Pウェポン+コンビボルター)30ptで普通に使えるが、その場合の運用はかなり制限される。
ランドレイダー無しでも(前進部隊+アイコンでずれない)縦深攻撃即CプラズマorCメルタとか。
3体素=90ptでランドレイダー乗って来る、とか。
アイコンはT(対プラズマ/Pウェポン、PフィストPウェポン混在)=S(対マリーン、Lクロウのみ)>K(ランドレイダー専用、PoLクロウ)>Nと推測。

ケイオスドレッドノート(評価B)
兵器にあるまじき不安定性が難。そこを加味した上でも、コストの割りに格闘能力が高いので、囮含めて使えなくもない。

チョーズン(評価B)
優位は浸透戦術+トループより安いチャンピオン(計28pt)=グレーターディーモン召還用ユニット(ドーンオブウォー配置除く)
勿論、スペシャルウェポンが数入るエリート部隊としても有効だが、前述のハボックやターミネーターにコストで著しく劣る。
つか、パワーウェポン系装備して、ターミネーターにコストで劣るってどんな冗談かと。

ポゼッスドマリーン(評価B)
出目次第の贅沢品。博打度が高すぎる。
10体ライノで十分仕事は出来るが、それでもコスト効率が微妙。
出目によってはコスト効率のおかしな怪生物が爆誕するのは確かだが。
アイコンはターミネータ同様。

【サモンドディーモン】
レッサーディーモン(評価A)
5体65pt恐れを知らぬものの達成ユニット。白兵戦は並。アーマーセーブと射撃皆無なので、殲滅戦シナリオは怖いが。

グレーターディーモン(評価B)
まぁ普通に強いし安い。
唯一の欠点は登場方法。できれば召還専用チャンピオンを用意しておきたいが、問題はドーンオブウォー配置の時、有効に登場させようとすると、トループ枠のチャンピオンが犠牲になりかねない点。

【ヘッドクォーター】一部再掲載
ディーモンプリンス(評価A)
低コストで高機動かつ強襲力を持った「従属鞭打」砲台。
合流できない致命的欠点を差し置いても、コストとスペックと殆どタダで付いてる永遠の戦士が破格。
対車両は優位だが、対モンスターは互角(スペシャルセーブは優位)、対モブは弱い(特にPフィスト入りモブは不利)。
低ポイント戦では良い仕事ができるが、高ポイントになりプラズマラスミサイルメルタが増えるにつれ行動の幅が狭まる。

ケイオスソーサラー(評価A-)
というか「従属鞭打」の評価がA-。
素の戦闘能力が微妙なので畢竟時の歪みが必要になり、その分コストが高騰するので評価が低い。
最も中コスト域以上では、合流できる分生存性は高いのが強み。
尚、ティーンチでディスク騎乗でも喧嘩力は高い。

アバドン(評価A-)
追加攻撃回数で1振らなければ対車両対モブ対モンスター全て可能な喧嘩番長。
但し白兵戦のみなので、護衛TA(か恐れを知らぬもの)部隊とランドレイダーは欲しい。

カーン(評価B+)
白兵戦専用だが対車両対モブ対モンスターも十分こなせる。ついでにサイキックにも強い。
欠点はほぼ同上+アサルトされると若干弱い+味方殺し。
ランドレイダーが理想だがライノでも十分、しかし合流先部隊を選ぶ。

ティファウス(評価B+)
対モンスター能力は優秀、対モブも十分。対車両は苦手。
問題はコストとターミネーターアーマー故の編制の縛りが多い事だが、縦深攻撃しても十分戦える分マシ。

アーリマン(評価B+)
対車両対モブは射撃(サイキック)で、対モンスターは白兵戦(サイキック)で。
強いんですが、コスト勘案で怖いかと言われると微妙。というかサイキック対策されるとその分戦力低下します。
ライノに乗せて魔法かけつつ戦うのが吉か。
コストは手頃ではないですが、編制の縛りが少ないのが手頃かと。デフォでサイキック対策されたら微妙。

ヒューロン(評価B)
パワーフィスト+命中ダメージ振り直しと、(生き残れれば)対車両対モンスター戦闘力が魅力。
欠点は生存能力と攻撃回数が若干少ない事。
ハマドリアス(とHフレイマー)だけで、中身は結構普通の人。コストがそう重くなく、適度にスペキャラっぽく、編制に縛りが無い時の無難な選択肢。

ルシウス(評価B)
対モブ~パワーアーマー(PA)向きで、モンスターや車両には向いてないのが欠点。
マリーン相手の中ポイント戦での2人目のHQとしての選択肢としては悪くない。

ファビウス(評価B)
対モンスター対モブ能力はあると言えなくも無い。
パワーウェポン持ってないのは致命傷。魔改造目当てで2500pt以上向き。

ケイオスロード(評価B)
デーモンウェポンの不安定性とダメージロール修正能力の無さを評価していないので、この評価(例外:ナーグルDWと補完パランクイン、あと補完としてのジャガーノート)。ぶっちゃけドレッドノートが滅法苦手(まぁ、合流前提だろうが)
パワーフィスト装備可能だが、その場合はT以外ではスペシャルセーブ5+の生存性が難。
例:
K+DW+ジャガーノート
N+DW+何か(パランクィン/Jパック他)
何か+PoLクロウ+バイク
T+Pフィスト+Cウェポン
[PR]
by izumiyajunk | 2010-08-06 07:11 | WH40K